アゴ削り を行う前に考えたいリスクと様々な可能性

アゴを理想の形にする

アゴ削り形成なら城本クリニック

最後に手術によって顔の皮膚がたるんで二重アゴになるという可能性も考えておかないとなりません。
アゴ削りは、下顎骨の顎先の出っ張っている部分を削ったり、骨切りしたりすることによって短くして形を整える手術です。
削った分なくなるということになりますので、骨格自体のボリュームが減り、その分の皮膚や皮下脂肪などの軟部組織が余るということになります。
その余った部分がたるんでしまい。
二重アゴになってしまうのです。
アゴ先の骨の出っ張りは、特に顔のたるみを予防するための役割も担っているため、顔の下3分の1ぐらいにたるみが生じて、二重アゴや三重、四重アゴになります。
また今後もたるみを予防するための役割がないので、老後にたるみやすい顔になることも考慮しなければならないでしょう。
これに対しての有効的な対策は、フェイスリフトなどといった余分な皮膚そのものを切開するリフトアップ手術や、たるんだ箇所にたまっている脂肪吸引です。
少しずつ太ったりしてできたたるみや脂肪であれば、同じく少しずつのケアで改善する余地はありますが、手術で突然できたのですから外科的除去をしないと改善は見込めないのです。
でているアゴを削ったり、希望のフェイスラインを目指すのであれば、表面からのケアでは限界があるため手術で骨を削るのが理想の形に近づく一番の方法といえます。
しかし骨を削るという行為はリスクや様々な可能性がありますので、そのことを理解した上で望むことが必要です。

手術のリスクを知っておこうリスクのほかにはどんな事が考えられる?アゴを理想の形にする